[AD]自己破産・債務整理ガイド
[AD]多重債務問題解決に便利なサイト。弁護士・司法書士検索、相談掲示板などのコンテンツ。

借金の返済に困った、なんとかしたい

借金苦から脱出する第一歩として、債務整理という方法があります。。
利息(金利)の見直し・再計算などを行うことによって、借金残高を減らし(場合によっては完済していことも)、計画的に返済できるよう導く法的手段です。
一般によく知られているのは「自己破産」ですが、他に「任意整理」「個人再生」「特定調停」などがあり、それぞれ手続きの内容に違いがあります。

◆自己破産

返済能力がなくなった状態で選択されることの多い方法です。
裁判所による免責決定で借金が0になり、返済より開放されます。
ただし、換金化できるものはすべて手放さなければならず、自宅等はその対象になります。
また借金の原因が免責不許可事由に当たる場合、みなし弁済が認められた場合は借金がなくなることはありません。
自己破産は借金苦から脱出するための最後の手段ともいえます。

◆任意整理

金融業者に対して、借金残高の減額、返済計画の見直しなどを直接交渉する方法です。債権者を選んで整理できることが特徴です。
債務者個人でも任意整理を行うことは可能ですが、万全を期すなら、弁護士・司法書士に依頼することをお勧めします。
直接交渉のため、知識や経験が少ない一般人である場合、交渉がスムーズに進まないことが考えられます。
またグレーゾーン金利での借り入れがあった場合は、過払い金返還請求訴訟なども考えられるため、最初より専門家に委任することが一般的になっています。

◆個人再生

期間を区切り確実に返済していくため大幅な借金減額が見込める方法です。
自宅を手放す必要もないため(住宅ローン特別条項)、自己破産を選択する前に検討されます。
借金の額の1/5(最低支払額100万円)を原則3年で分割返済していく方法になりますが、前提条件として、債務者本人に安定した収入があること(無職者では厳しい)など条件があります。

◆特定調停

簡易裁判所に申し立て、債権者との話し合いにより、借金の減額や支払い方法などを見直し、経済的な建て直しを図る方法です。
簡易裁判所は調停委員を指定します。調停委員は、債務者と債権者の双方から話を聞き、和解の成立の手助けをします。
特定調停で和解が成立すると、調停調書(確定判決と同じ効力を持つ)が作成され、それにそって返済をしなければなりません。
調停内容を守らない場合、債権者は強制執行(給料の差し押さえなど)が行えます。

ヤミ金の借金に関する相談・解決は

ヤミ金被害の相談は対応している弁護士や司法書士にするほうがスムーズに解決できるケースが多いです。
暴力を受けた場合はすぐに警察を呼ぶことでその場はしのげますが、根本的な解決はやはり専門家が交渉するほうが被害を大きくしないといわれています。
もし今、ヤミ金の被害で怯えている、相談したいのなら、すぐに対応している司法書士や弁護士の無料相談を利用しましょう。

ヤミ金解決のエストリーガルオフィス

相談者の立場になってヤミ金被害を解決までサポートしてくれる司法書士事務所

▼借金整理に関すること

▼ヤミ金問題に関すること

弁護士/司法書士 Pickup!!
アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務事務所

おおぞら司法書士事務所
おおぞら司法書士事務所

イストワール法律事務所
イストワール法律事務所

任意整理のエストリーガルオフィス
エストリーガルオフィス

▼弁護士・司法書士を探す