[AD]自己破産・債務整理ガイド
[AD]多重債務問題解決に便利なサイト。弁護士・司法書士検索、相談掲示板などのコンテンツ。
借金苦脱出計画 HOME >個人信用情報

個人信用情報(指定信用情報機関)

消費者金融を含め一般にお金を貸し出す金融業者としては「確実にお金を返してくれる人にお金を貸したい」と考えるのは当然のことです。
しかし、店頭でしかも短時間に客ひとりひとりに対して「確実にお金を返してくれる人かどうか」ということを、それぞれの金融業者が独自に調べることは現実的には難しいでしょう。

そのような金融業者に、「申し込みをされたお客は過去にローンの返済が滞ったことがある」というような情報を提供しているところがあり、その情報を提供する機関を個人信用情報機関といいます。
融資の申し込みを受けた各金融業者は、個人信用情報機関から情報を照会し、実際に融資するかどうかの判断をしていることになります。
また貸金業法の改正により、過剰貸付を防止する意味でも指定信用情報機関の役割は大きなものになっています。


個人信用情報機関(指定信用情報機関)には、

全国銀行個人信用情報センター(JBA)
└ 会員は銀行、信用金庫、信用組合、農協、労金など
株式会社シー・アイ・シー(CIC)
└ 会員は信販会社、家電、自動車メーカー系クレジット会社、百貨店、量販店など
株式会社日本信用情報機構(JICC)
└ 会員は消費者金融会社、クレジット会社など

などがあります。
指定信用情報機関は、一定の要件を満たすことを条件に内閣総理大臣により指定される機関で、当然のことながら個人情報の保護に関する法律を遵守する必要があります。


上記の個人信用情報機関は、ローンやクレジットカードを申し込んだ時に書いた情報と、ローンやクレジットの取り引きの記録を保有しています。
そして、一番重要なことになりますが、原則3ヶ月以上延滞した場合は「延滞」という事故情報が約5年間記録として残ります。
また、破産宣告に関しては、約7年〜10年間記録として残ることになります。
この事故情報のことを、一般にブラックリスト(ブラックリストに載る)といわれます。
基本的に1度ブラックリストに載ってしまえば、上記の期間は原則としてローンを組むことやクレジットカードを作ることはできなくなります。

ただ、実際にその期間より以前にローンやクレジットが利用できてしまうことがないわけではありません。事故情報の共有外での申し込みがあった場合や、女性であれば結婚して氏名が変わった場合などのように各個人信用情報機関の持っている情報以外での申し込みがあった場合などは、ローンやクレジットの利用ができてしまうケースもあります。

ヤミ金の借金に関する相談・解決は

ヤミ金被害の相談は対応している弁護士や司法書士にするほうがスムーズに解決できるケースが多いです。
暴力を受けた場合はすぐに警察を呼ぶことでその場はしのげますが、根本的な解決はやはり専門家が交渉するほうが被害を大きくしないといわれています。
もし今、ヤミ金の被害で怯えている、相談したいのなら、すぐに対応している司法書士や弁護士の無料相談を利用しましょう。

ヤミ金解決のエストリーガルオフィス

相談者の立場になってヤミ金被害を解決までサポートしてくれる司法書士事務所

▼借金整理に関すること

▼ヤミ金問題に関すること

弁護士/司法書士 Pickup!!
アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務事務所

おおぞら司法書士事務所
おおぞら司法書士事務所

イストワール法律事務所
イストワール法律事務所

任意整理のエストリーガルオフィス
エストリーガルオフィス

▼弁護士・司法書士を探す